気を付けるべきこと?スマホの故障のあれこれ

スマホが動かなくなるときって?

現代人の必需品ともいわれるスマホですが、その手軽さからかえって地面に落としてしまったり、水をひっかけてしまったりと故障のトラブルに巻き込まれることも多いです。
そしてスマホの動作を確認するとなんと動かない!うんともすんともいわない!と焦ってしまうこともあるのではないのでしょうか?
そんな人のために故障の例と対処法を説明します。

スピーカーの故障の例

故障の例としてよく挙げられるのがスマホから音が出ない、または出づらいといったトラブルです。これは主にスマホ内部のスピーカーの不具合によるもので、なんらかの要因によりスピーカーが傷ついている可能性があります。
またスマホのスピーカーは湿気に弱く、防水対応をしていないスマホを水場の近くに置いておくと故障の原因になることもあります。
このようにスマホのスピーカーの調子が悪い時は専門の修理業者にパーツの交換を依頼することをおすすめします。このパーツ交換をするだけでスマホはまた快適に動き始めます。

水に浸かってしまったときの対処法

またスマホの故障の例として上がりやすいのが誤って水に落としてしまうといった水没や浸水です。このようなトラブルに遭った場合はいくつかの注意事項を知っておくと便利です。
まず気を付けることが水没後すぐに電源を入れないことです。これを行うとまだダメージを受けていないほかの精密機器の部品も通電により巻き込まれてしまい、直る可能性を失ってしまう危険性があります。
またスマホの本体を大きく振るといったことも行ってはいけません。こういったことをしてしまうと水害箇所が拡大してしまう恐れがあります。
なのでできるだけそーっと扱うことも大切です。
こちらも専門の業者に修理を依頼することが一番の修理の近道です。

スマホが水没した際には、スマホ修理が必要です。スマホの内部は精密機器が詰まっているので、専門店に依頼します。