ホームページデザイン力!素人からプロへの道へ!難しく考えてはだめ!その内容は?

人が感じる色の心理を押さえておこう!

ホームページのデザインを考える場合は、色が与える人の心理について押さえておかなければなりません。基本的に暖色系は興奮を与えやすく、寒色系は、冷静さを与えやすいと言われています。買物などをするショッピング系のホームページは暖色系が望ましく、ビジネスなどの冷静さや真面目さを伝えたい場合は寒色系が望ましいと言われているのです。創造性を示したい場合は、木は創造性があるため、葉の色である緑色を扱う場合もよくあります。重圧感を与えたい場合は、重みのある濃い色をメインに、柔らかい印象を与えたい場合は、淡い色を扱うのもお勧めです。様々な色を煩雑に扱うと、統一感を失ってしまう場合もあります。ホームページを現す色を決めておく事で、デザイン性が保たれ、一つ上のデザインが行える様になるはずです。

写真は必ず加工して扱う事

素人とプロのデザインの違いは、写真が加工されているかどうかで大きな差が現れてきます。素人は、加工する技術が無いため、四角い写真を扱っただけの様な簡素なデザインになりがちです。素人が作った様に見られるデザインは、コンテンツの質にも影響を与え、信用が落ちる事でビジネスにも影響を与えてしまう場合もあります。人物としてのモデルを扱ったデザインは、人に対する意識が高まり、人としての温かみを付加価値として与えれる効果も期待できます。コンテツの内容にもよりますが、信頼を求められる様なビジネス用としてデザインを考える場合は、人物としてのモデルを起用するデザインもお勧めです。

レスポンシブデザインとは、閲覧者の画面のサイズに合わせてデザインを最適化する技術のことです。スマートフォンやタブレット端末からもウェブサイトが閲覧されるようになったために開発されました。