重要な役割を持っている!ネットワーク監視の仕事

ネットワーク異常が発生していないかどうかチェック

ネットワーク監視の仕事は、ネットワークに対し、異常が発生していないかどうかチェックする事が求められてきます。ちょっとしたトラブルも放置してしまうと深刻なネットワーク異常に繋がる恐れが出てきます。ちょっとしたネットワーク異常も見逃さないようにする為、高い集中力が求められる仕事です。ネットワークエンジニアの中でも経験が浅いエンジニアが携わるケースが多く、多くの会社や企業で求められる人材です。

トラブル時は迅速な対応が必要

ネットワーク異常が発生した時、一秒でも早く異常を改善しなくてはいけないです。長い間異常が発生してしまうと仕事や生活などあらゆる部分で悪い影響を及ぼします。多くの苦情やクレームに繋がってしまう為、迅速に対応しなくてはいけないです。軽度なトラブルの場合、マニュアルに沿って、トラブル対応していけば、速やかに改善できる事が多いです。しかし深刻なネットワーク異常の場合、専門的なスキルや能力が求められるので、ネットワークの知識に長けているエンジニアに助けてもらう事が必要です。

ネットワーク正常の時は暇な時間

ネットワーク監視をする際、常に異常が発生している訳ではありません。正常の状態に保たれている時も多く、ネットワーク監視にとって暇な時間になります。ここで時間を持て余すのではなく、優秀なネットワークエンジニアとして成長できるように勉強するのが大切です。深刻なトラブル時にも対応できるようにマニュアルを覚えたり、ネットワーク以外にもサーバに詳しくなれば、どのような理由で異常が発生しているのか把握できるようになります。環境が整備されているネットワークの場合、異常が発生する頻度も少ないので上手く時間を有効活用するのが重要です。

コンフィグとは、パソコンのネットワーク設定全般を指します。今までは会社の全パソコンの設定を管理するとなると1台1台設定変更しなければならず面倒でしたが、コンフィグ管理で設定を一元化することが可能です。