コストはゼロに近くなることも?最新の動画配信事情

動画配信を始めるために必要なものは

最近は気軽に動画配信が始められるようになっているので、大した機材は必要がありません。パソコンが一台あればそれで十分です。つまり、費用は数万円で済ませられるということです。一般的なカメラ付きのノートパソコンがあるだけで、動画配信はすることができます。五万円ほどのパソコンでも最近は性能がいいので、十分高画質な動画配信をすることができます。カメラの画素数は多いに越したことはありませんが、カメラもマイクも、パソコンなら外付けのものが使えます。カメラがなくても後で追加すればいいので、その点も心配は無用です。パソコンとネット環境があれば、準備はすべて済んだと見ていいでしょう。

大手動画サイトなら無料で動画配信ができる

一部のサイトでは動画配信も有料になりますが、大手動画サイトなら無料で配信をすることができます。ですから、費用はゼロで済ませられます。もちろん、通信費や電気代は別途かかります。ただ、その点を定額で済ませるようにしておけば、動画配信ではほとんどお金がかからないということになりますね。実際、お金がない学生でも動画配信は毎日しているケースがあります。昔のように特別な機材が必要なわけでもないので、誰でも動画配信者にはなることができる時代です。

演出を入れるならお金がかかることもある

ただ単に生配信を垂れ流すだけなら、お金はかかることがありません。ですが、人気のチャンネルにするために色々と演出をするなら、そのお金は別途かかるのが当然でしょう。照明をいいものにしたり、テロップを入れたりするなら、別途お金はかかります。業者に依頼して手伝ってもらうなら、人件費もかかってくることでしょう。

ストリーミングとはインターネットで動画などを再生する時にダウンロードしながら再生することです。大きなデータの場合全てをダウンロードし終わってからでは時間がかかるためこのような方法が取られます。