マーケティングオートメーションを把握する上での着眼点

マーケティングオートメーションとは

米国でベンチャー企業がスタートしたことが端緒となって、非常に大きく話題に上がってきたのが、マーケティングオートメーションになります。日本国内にも進出していますが、どういった物かを把握していない方も多いでしょう。 要約すれば、一個人を明確にして実行されるソフトウエアのことです。そして、クライアント個人を特定することができる周辺環境で非常に大きな役目を果します。属性管理等も不可欠であり、営業からフォローするような販売品を取り扱っている時に有効性が高い方法になります。その反対に、低い単価の消費財の様に、フォローの必要性がない場合、有効性はありません。

マーケティングオートメーションを理解するポイント

マーケティングオートメーションは、顧客個々の需要に合わせるところにキーポイントが存在します。CRMをデジタル化して、意思疎通を図ることを重要視したものでもあり、デジタル化が進行する一般社会に合わせて発展したといえるでしょう。とても難しく感じられるかもしれませんが、過去電話、あるいはFaxによってコミュニケーションをはかっていたことが、デジタル化したと見れば、それほどまで不明瞭ではないことがわかります。中身的には、相当進化しましたが、根本にある発想に大きな相違点はないと言えます。 Webマーケティングと非常に近い関係性にもありますが、主眼が能率化であるWebマーケティングに対しまして、コミュニケーションを介して購入につなげるところが特色になります。一定の時間をかけないと判断しづらい販売品に親和性があることを理解できれば、有効活用の幅は広がるでしょう。

マーケティングオートメーションとは興味・関心・行動が異なる個別の顧客とのコミュニケーションを行うデジタルマーケティングで、その業務を自動化するために開発されたものを指している言葉です。