ポスターの制作に必要な印刷やデザインに関する基礎知識

ポスターを印刷するには

ポスターとは、壁や柱に貼る印刷物のことで、主に広告や宣伝に使われます。紙が大きいため、一般的なプリンターでは印刷ができません。印刷するには、イラストレーターやフォトショップといった専門的なソフトが必要です。制作するには個人で行うのは難しいため、印刷業者に依頼するのが良いでしょう。家庭用プリンターならA4サイズまでしか印刷できませんが、ポスター機能が付いているプリンターであれば、複数枚の用紙を繋げて1つの大判ポスターとなるような印刷が可能です。

ポスターに使う紙選びのコツ

ポスターを作るには、主にコート紙・マット紙・耐水紙の3種類の紙が使われます。

写真などを鮮明に印刷するなら、全体に光沢があるコート紙を使うのがおすすめです。グロス系の塗工紙の一種で上質な紙の表面にコート剤を塗布してあります。コート紙よりも光沢を抑えてあるマット紙は、上品な雰囲気のポスターに仕上がるでしょう。屋外に長時間掲示するポスターは、耐水紙がおすすめです。雨に濡れた時に破れたりインクが滲んだりするのを防ぎます。

デザインを考える3つのポイント

ポスターのデザインを考えるには、まず何を伝えるかを考えます。目的が明確でなければ、たとえキレイなデザインでも見る人の印象に残らないかもしれません。メインがしっかりとしたデザインだと、ダイレクトに情報を伝えやすくなります。

文字を入れる場合は、大きい文字と小さい文字にメリハリをつけると躍動感が生まれ、人目を惹きつけるのに効果的です。

また、見てくれる人のターゲット層によって、配色やレイアウトを考えるのも大切です。ターゲット層が好きそうなデザインにすることで、より印象を与えることができます。

格安コピー印刷は、幾つのお店でサービスを展開していますが、おすすめは『コンビニエンスストア』『カメラ販売店』『百円ショップ』などがあります。自分にあったところを利用するのが重要です。