ホームページを持つならレスポンシブWebデザインを知っておこう!

ホームページ制作の主流に!

Webサイトを閲覧するデバイスは人によって様々です。パソコンやスマートフォンもあれば、タブレットが使用されるケースもあるでしょう。ホームページを制作する際は、これらすべてのデバイスからでも閲覧がしやすいものを作る必要があります。

そこで役に立つのが「レスポンシブWebデザイン」と呼ばれる制作方法です。従来まではパソコン用やスマートフォン用など、各デバイスごとにHTMLを用意し、それぞれ最適化を行って制作する手法が一般的でした。しかしこの方法だとホームページの設計がバラバラになってしまい、メンテナンスに時間を要するというデメリットがありました。

それを解消したのがレスポンシブWebデザインです。HTMLを1つにまとめてCSSで制御することにより、あらゆるデバイスからの閲覧でも画面サイズやページレイアウトが最適化されて表示されるようになります。これによってメンテナンス作業が1回で済むようになり、ホームページの管理が効率化されるのです。

レスポンシブWebデザインを使う利点

Webサイトがパソコン用とスマートフォン用の2種類ある場合、それぞれのユーザーが使用するデバイスに対して異なったURLを送信する必要がありました。一方でレスポンシブWebデザインに対応したWebサイトであれば、1つのURLで最適なページが表示されるようになるので、ユーザーにシェアされやすくなるというメリットがあります。

また、レスポンシブWebデザインは大手検索エンジンとの相性が良いので、検索結果の上位に表示されやすくなります。ユーザーに優しく、閲覧数の多いホームページを制作したいのであれば、レスポンシブWebデザインを使う意義は大いにあります。

レスポンシブとは、PCやタブレットやスマートフォンなど異なる画面サイズの幅を基準にWebサイト表示を柔軟に調整することです。