LEDの寿命はどれくらい?長持ちさせる方法を知っておこう

LEDはどれくらいの寿命なのか

昔から使用されてきた一般的な電球よりも、LEDの電球の方が寿命は長くなっています。それは白熱電球や蛍光灯が部品とエネルギーの消耗が激しいのに対して、LEDは部品の消耗が少ないという部分に差が出ています。消費電力も少ないため、LEDの電球は家庭の経済にも優しい商品でしょう。そこで気になるのがLEDの電球の寿命です。LEDの電球は約40000時間の使用が可能となっています。この寿命の長さは1日の消費時間が8時間だとしても、約13年間は電球が切れることはないという計算になります。しかし、実際には13年間も持たないLED電球も存在します。それはメーカーによって、製造過程で安価な部品を使用していることがあるからです。安価な部品は基盤の回路に不具合が生じやすくなり、熱対策も弱いため、消耗が激しくなっている傾向にあります。長持ちさせるためには良質な部品を使用しているものを買うのがオススメです。

こまめな消灯で長持ちしやすくなる

白熱電球や蛍光灯は付けたり消したりしていれば、消耗が激しくなり、寿命を縮めます。しかし、LEDの電球は真逆となっています。LEDの電球は基盤に熱をこもらせないことが重要です。そのためつけっぱなしにしているよりも、こまめに消灯している方が寿命を縮める可能性が低くなります。このことを考えれば、長時間の使用を行うリビングや自室よりも、風呂場やトイレでの使用が適していると言えます。どうしても長時間の使用を行わなければならない場合は、熱を放出できるような仕組みを導入するのが効果的です。

ledパネルは、飲食店(広告パネル)・工事現場(誘導)を始めとして多くの場所で使われており、電気代・人件費などを節約出来るメリットがあります。