ポスターは用途によって様々な違いがある?

ポスター印刷は紙質選びが重要

街中や店内、学校や職場などポスターは様々な場所で見かけます。伝えたい特徴や思いなど、1枚のポスターにおさめるには難しいですよね。そもそも「ポスター」とは壁や柱などに貼る、広告や宣伝用の印刷物です。掲載する場所(屋内か屋外かなど)やその環境により、適した紙質や大きさを選択することは重要です。

ポスターで使われる紙にはコート紙、マット紙、耐水紙の3種類があります。コート紙は光沢紙とも呼ばれ、上質紙の上にコード剤を塗った用紙です。光沢感があるため、写真など鮮明に印刷することに向いています。マット紙はコート紙よりも光沢感やツヤを抑えた紙で、上品な印象に仕上げたい時におすすめです。耐水紙は水に耐えやすい紙質で破れにくく、印刷が滲みにくい特徴があります。屋外で使用するには適した紙です。

デザインの役割とそのポイント

ポスターのデザインは、個人でデザインしたものを業者に持ち込む、デザインそのものを業者と考える、また業者が予め用意しているサンプルの中から選択する、などがあります。

ポスターをデザインする時に、おさえておきたいポイントの1つ目は「目的を伝える」ことです。目的は伝えたいことの焦点であり、焦点がぼやけていると、印象の残らないポスターになってしまいます。2つ目は「画像や文字の比率を高める」です。画像や文字の大きい部分と小さい部分の強弱の比率が高いほど、人を惹きつけます。3つ目は「どんな人に伝えたいか」です。子供なのか、社会人なのか、それだけでもデザインの方向性は違ってきます。4つ目は「主題を目立たせる」です。主題はポスターの主役であり、主題を目立たせなければ何を伝えたいのか、一目ではわかりません。

激安コピー印刷では、カラーコピーも仕上がりが速くて、用途に応じて選べるサイズが、驚きの安さで印刷できます。